てつろうのblog

考えをかたちに、記録に。

年金制度を根本から見直して財政赤字の解消へ

ことの発端は、下の記事でした。

business.nikkeibp.co.jp

 

個人型確定拠出年金の適用対象者が拡大され、多くの人が入りやすい制度に改正されました。

公的年金を払っているのにどうして個人で年金に入らなければいけないんだろう。

と思われる方もいるかもしれません。

しかし、上の記事にあるように公的年金制度は限界にきています。

 

その様子を何で見ればわかるかというと、財政赤字です。

www.zaisei.mof.go.jp

 

上のページを見ていただければわかりますが、日本の財政は毎年40〜50兆円の赤字で、

その赤字を埋めるために国債を発行しています。その結果、累積の国債残高は

2016年度末で838兆円になると言われています。

 

なぜこんなにたくさん国債を発行しなければいけないかというと、要因は主に

社会保障関係費の増大です。

f:id:sugimoter:20170314083716p:plain

http://www.zaisei.mof.go.jp/pdf/%E5%9B%BD%E5%82%B5%E6%AE%8B%E9%AB%98%E3%81%AE%E5%A2%97%E5%8A%A0%E8%A6%81%E5%9B%A0.pdf

社会保障関係費とは年金、医療、福祉などに関わるお金のことを指しますが、

割合としては年金が56.5%、医療が39.5%、福祉その他が23.8%となっているようです。

f:id:sugimoter:20170314083254p:plain

[国の財政] 歳出〜社会保障関係費〜 | 税の学習コーナー|国税庁

 

つまり高齢化が進んでどんどん医療と年金にかけるお金が増えてきていて、

財政赤字が大きくなっているということですね。

もちろんこれを上回る人口増加と税収入があれば財政赤字にはならないと思いますが、

日本の人口は減少し始めていて、税収増はあまり見込めません。

 

借金を減らさなければいけない、とはよくいいますが、それが自分たちの老後や

医療のために使われているお金だというのは意外と知りませんでした。

議員定数の削減や公務員の給与削減がどの程度効果のあるものかはわかりませんが、

おそらくそうした「小技」では日本の財政は健全にはならないでしょう。

根幹を攻めるなら、年金をそもそも見直す、という議論になってしかるべきだと思います。

 

30代以下の皆さんは公的年金制度はなくなる、くらいの気持ちで準備をしなければ

いけないのかもしれません。

個人型確定拠出年金、僕も早速始めてみます。